目元・美顔&カイロプラクティック Y's療美院(ワイズ療美院) 女性へ、男性にも、健康と美しさと癒しを
  耳つぼダイエット
 
  耳つぼダイエットとは?  
 


耳には全身各々の機能を正常に整えるつぼがそろっています。

耳つぼダイエットは、東洋医学で長年にわたって研究されてきたつぼ療法をダイエットの手段として活かし、食欲中枢のつぼを刺激し、自然な形で食欲をおさえ、体質改善をはかっていく画期的なダイエット法です。

しかも、健康な身体を作るために栄養素をしっかりと補充しながらダイエットしていきます。

※ハリは使わないので安心です。
【耳つぼダイエットの特徴】
  • 食事制限がない。
  • 自然の食欲のままに食べながら、痩せていく。
  • 健康になって、太りにくい体質になっていく。
  • ダイエット中も心身のストレスがない。
  • リバウンドが起こりにくい 。
  • ダイエット中も体力や抵抗力が落ちない。
  • 体に必要な栄養素を補給する。
【刺激する6つのつぼ】  

耳つぼ
耳には、たくさんのつぼが集まっています。
その中から、数か所のつぼを穏やかに刺激することによって、無理なくダイエットができるように研究されています。針を使いませんので、痛みもございません。

神門 精神
胃の感覚
食道 消化器系
噴門 胃の働き
食欲
内分泌 ホルモンのバランス

【パワージュエリー スワロフスキー付シート】

今、耳つぼは隠さずにジュエリーでオシャレに魅せて痩せる時代になりました!

かわいい耳つぼシールは耳(体)のツボを刺激するエネルギーシールです。

「特許耳つぼシール」ですから、押さえなくても貼っているだけで複合刺激が持続します。
肌に当たる部分は純金ですので、他社製品(金属球)と違い痛みがなくアレルギーの心配もありません。この特許シールに、スワロフスキーを合わせた事で、おしゃれに健康が実現できるようになりました。

耳以外でもお顔やボディに貼っても素敵です!

貴宝石と純金とを二重構造にして、マイナスイオンや遠赤外線、微弱電流生体導入効果を高めたツボ刺激用の画期的な新製品です。

シールをツボに貼るだけで、 人体の電位バランスを整え、ツボ療法効果を発揮します。ポイントが小さい(1mm)ので、目立たずどこにでも貼れます。特に、食欲を押さえる耳つぼダイ エット用に好評です。

※ジュエリーが付いていないシートもございます。

※構造イメージです。

【こんなひとにおすすめ!】
  • スリムでキレイになりたい方
  • 健康のために痩せたい方
  • 身体が不調の方
  • 今までに減量に失敗した方、あきらめている方
  • 食欲があって困っている方・・・etc
【健康的にダイエット】
栄養補助食品を使い、身体に必要なビタミン・ミネラル・タンパク質を充分取るので
健康的にダイエットできます。
【耳つぼダイエットの流れ】

まずはお気軽にお電話下さい 納得のいくまでカウンセリング
相談無料
肥満度や原因からその人にあった計画を立てます。
1回20分〜30分
予約制。週2回が目安。
お待たせしない完全予約制です。
2〜4ヶ月でスリムに変身。
美しさもぐっとアップ。
 
     
     
  コースのご案内  
 
Y's療美院は日本痩身医学協会に加盟し、耳つぼ痩身法と栄養素療法によるダイエットプログラムをスタートしました。
 
● 自然に食欲が落ちる!
食欲中枢に繋がっている耳のツボを刺激して自然に食欲を低下させていきます。

● ダイエット中のストレスなし!
痩せる耳つぼを刺激するのでストレスを感じなくてすみます。

● リバウンド
痩せやすい体質に改善します。

● ウエストから
体脂肪が最も蓄積されているお腹の脂肪が効率よく基礎代謝エネルギーに転換され
みるみるうちにしぼれていきます。
肥満、かくれ肥満、たるまず痩せてサイズダウン!

※すべてのコースは予約制となっております。お問い合わせください。

プチトライコース
指導料 (初回のみ) \10,000
施術料 \2,000×9回分 \18,000
その他に健康補助食品代材料費(金粒orパワージュェリー)がかかります。
詳しくはお問い合わせ下さい。

トライアップコース
1ヶ月プチトライコース後のプラス料金です
施術料 \2,000×8回分 \16,000
その他に健康補助食品代材料費(金粒orパワージュェリー)がかかります。
詳しくはお問い合わせ下さい。

体質改善コース
指導料 (初回のみ) \10,000
施術料 \2,000×25回分 \50,000
その他に健康補助食品代材料費(金粒orパワージュエリー)がかかります。
詳しくはお問い合わせ下さい。
※すべてのコースは予約制となっております。お問い合わせください。


 
     
 
▲ページの先頭へ